2009年09月11日

米兵脳損傷、爆発の衝撃波がヘルメットかぶると2倍!?

米兵脳損傷:装備も無力、爆風で頭蓋ゆがむ 研究者が報告

 イラクやアフガニスタンで手製爆弾の爆風により多数の米兵が発症している外傷性脳損傷(TBI)について、爆風の圧力が頭蓋骨(ずがいこつ)にわずかなゆがみを与え、脳に過剰な負担をかけるのが原因である可能性が高いことが、米ローレンス・リバモア国立研究所の物理学者らの研究でわかった。外傷性脳損傷発症のメカニズムの詳細が報告されたのは初めて。ヘルメットなど現状の装備では防止できないことが明らかになり、米軍は対策見直しを迫られそうだ。>>続きを読む

 これはとんでもない話ですねぇ。ヘルメットをかぶるとかえって衝撃波の強さが増すのです!戦争なんか止めて、さっさとアフガンから撤退した方がよいのでは・・・、さもないと、脳損傷だらけの国となるぞ!

posted by doskoiman at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127791942
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。