2009年10月03日

電気自動車、コードなしラクラク充電

電気自動車、コードなしラクラク充電 実用化へ実証実験

 電気自動車の普及に向けて、電源にコードをつながなくても充電できる装置が開発されている。早稲田大学や日野自動車は、路線バスでの実用に向いているとみて実証実験を進める。日産自動車は12年以降に売り出す電気乗用車への搭載を検討中だ。 >>続きを読む

 開発が進んでいるのは「非接触給電」と呼ばれる仕組み。地上に置いた円形の金属カバーの上に電気自動車を止めるだけで充電が始まる。「電磁誘導」の原理を応用。金属カバー内のコイルに電流を流して磁界を発生させ、車の底面につけたコイルに伝えて発電し、電池に蓄えるということだ。

posted by doskoiman at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129440412
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。