2009年10月17日

お茶くずを釉薬に!!

お茶くずを釉薬に 佐賀・嬉野市松尾さん開発 「心和む焼き物に」

 佐賀県嬉野市の特産品、嬉野茶の製造過程で出る茶のくずを有効活用しようと、地元の陶土製造業、松尾誠也さん(31)が、茶葉を使った釉薬(ゆうやく)「嬉野茶釉(ちゃゆう)」を開発した。焼き物を透明感のある淡い緑色にコーティングでき、松尾さんは「嬉野茶と組み合わせたギフトを売り出すなどして、市の産業発展につながれば」と期待している。>>続きを読む

 この釉薬を使った湯飲み茶碗で、お茶を飲んでみたいもんですなぁ〜

posted by doskoiman at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130544926
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。