2009年08月20日

ヒグマ目撃 市内で急増 情報提供 昨年の4.5倍18件に

ヒグマ目撃 市内で急増 情報提供 昨年の4.5倍18件に 畑に足跡 作物被害

 帯広市内でヒグマの出没が相次いでいる。市に寄せられた今年の目撃情報は18日現在18件で、昨年の4.5倍。これまで情報が少なかった大正地区でも足跡が見つかっており、市などは一部地域で威嚇用の爆竹や花火を配布、注意を呼び掛けている。>>続きを読む

 農作物被害も出ている。16日には清川町と幸福町の畑でビートが食い荒らされた。帯広大正農協によると、18日も以平町のナガイモ畑で長さ28センチの足跡が見つかり、隣接する畑でビートが被害に遭ったという。同農協の青山哲男営農振興部長は「大正地区で見つかっている足跡は同じ大きさ。同じクマではないか」とみるが、捕獲には至っていないという。

posted by doskoiman at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。